背中にきびの治し方

12月 4, 2015

日頃のお手入れに。背中にきびに使える化粧水!

せっかく治ったと思っても、また繰り返し出来てしまうニキビ。ケアが追い付かず、ニキビ跡として残ってしまったということはありませんか? いちばん良いのは、出来た後のケアではなく、まず肌の土台作り。二度とニキビが出来ない肌を目指して、日頃のお手入れから工夫していくことが大切です。 ニキビやニキビ跡に保湿が必要な理由 お肌のケアで重要視されている保湿。実はニキビ予防や、ニキビ跡の改善にも大切な役割があります。 肌は乾燥していると、外部からの刺激にとても弱くなります。そのため角質を厚くして肌を守ったり、新たな角質層を作ろうとしますが、準備が整わないうちに急いで作る皮膚は、やはり肌を守る機能が弱いまま。加えて、乱れたターンオーバーにより、古い角質層も肌に残した状態になることから、毛穴が詰まりニキビが出来やすくなります。 更に外部の刺激に弱い肌は、出来たニキビの赤みが治りにくく、ニキビ跡として残ってしまうことも。 ニキビが出来ると、まずは洗浄に走りがちですが、実はしっかりと保湿をしてあげることで肌の乾燥を防ぎ、ニキビ予防やニキビ跡の改善につなげることが出来るのです。 目標は肌質改善!背中ニキビ対策に専用化粧水 油分と水分のバランスの良い、しっとりと潤った肌は、見た目にも美しく、ニキビなどのトラブルとも無縁です。 日頃のお手入れで、肌を健康な状態にするためには、角質層にしっかりと油分が浸透し、また炎症を抑える作用のあるニキビ対策専用の化粧水を使用することが、ニキビ予防やニキビ跡の解消につながります。 ニキビ、ニキビ跡専用化粧水6選[...]
Read More »

12月 4, 2015

背中にきびのための背中エステ!最新エステ情報

毛穴に汚れや皮脂が詰まることが直接的な原因であるニキビ。周りの人から「不潔な人」と思われているのではないかと気になりますよね。 だからと言って、必死に洗浄した結果、更にブツブツが激しくなるということもあるのがニキビケアの難しいところです。 特に背中のニキビは、手も届きにくく見えないため、出来ているニキビに無駄に力を加えて炎症が悪化し、一生残りかねないニキビ跡となってしまうこともあります。 ニキビケアにはプロの目が大切 ニキビの原因菌であるアクネ菌も、アクネ菌を繁殖させてしまう皮脂も、お肌を守るためになくてはならない大事な存在。 ただ、それらが過剰に増えたり分泌されることがニキビ肌を作る原因です。 しかし過剰分泌の理由については、偏った食事や睡眠不足などの生活習慣、ホルモンバランスの乱れ、体質など人それぞれで違います。理由がそれぞれならば、本来ニキビケアへのアプローチもその人その人で変わってくるはず。背中ニキビが気になったら、まずは医療機関やエステサロンなどニキビ対策のプロに相談。原因を見極めたケアを委ねてみましょう。 エステでストレスフリーなニキビ対策 ニキビは、一度出来ると繰り返すことが多く、治療が終われば終了!といかないところが辛いですよね。再発する度に病院に行って薬を処方してもらうだけの後手後手のニキビ対策ではストレスもたまりそうです。 少し時間をかけても、二度とニキビに悩まされたくないと考える方は、エステティックサロンのニキビケアのコースがお薦め。ニキビを治すとともに同時にニキビの出来にくい質の良い肌作りを行う贅沢な時間は、お得感満載。ストレスを感じないニキビケアを楽しめます。 美背中への道!エステティックサロンの背中ニキビコース エステで行われる背中ニキビ対策。その気になるプログラムをサロン別にご紹介します。 口コミ人気No.1 calon[...]
Read More »

11月 25, 2015

皮膚科で受けられる!背中にきびの治療方法4選

いつの間にか出来て、自然と治ることの多いにきび。せいぜいチョコレートを我慢して、よく洗えば大丈夫などと軽く構えていると、炎症を起こしてにきび跡として残ってしまったり、治ってもすぐに出来る「繰り返しにきび」となったり、完治に時間がかかるようになってしまいます。 にきびが出来たら皮膚科へ行きましょう! 自己流のケアで悪化させるのも怖いですが、背中のにきびのようなセルフケアが難しい箇所の場合、皮膚科での治療が綺麗な肌へ戻るための、もっとも近い道と言えるでしょう。 重症でない初期段階のにきびで受診するのは躊躇するかもしれませんが、にきびは尋常性挫創というれっきとした皮膚の病気です。またにきびの出来る原因も多岐に渡っていますので、症状や体質によっては治療法も変わってくる場合があります。 皮膚科だから出来る!背中にきびの治し方 自分でにきびケアをする場合、ドラッグストアなどでも手に入るにきび薬を使用することが多いと思いますが、皮膚科でも同様ににきび用の外用薬や内服液の処方が一般的と言えます。 しかし根本的改善を意識するのであれば、治療への、より積極的なアプローチが出来るのも皮膚科ならでは。 皮膚科で行われている背中にきびの治療方法をご紹介します。 ①にきび予防にも効果あり!ホルモン治療 女性のにきびには、ストレスや生活習慣の乱れなどから崩れたホルモンバランスが原因となっている場合があります。女性ホルモンの分泌量が低下し、男性ホルモンが増加することで、皮脂の過剰分泌を促し、角栓の毛穴詰まりを引き起こし、これがにきびの原因となります。 この場合、皮膚科では低用量ピルを用い、ホルモンバランスを整える治療を行います。ピルには避妊目的だけでなく、月経不順や激しい月経痛などの改善にも効果があるため、にきび目的でなくとも服用することでメリットの得られるお薬です。ただし、年齢や体質によっては服用が禁止されている場合もありますので、医師によく相談しましょう。 ②全てのにきびに効果あり!ケミカルピーリング 肌の表面に酸を塗布することで、角質層を薄くするケミカルピーリングは、毛穴の詰まりを取り除き、ニキビの進行を防ぐ治療法です。また、過角化したことによる余分な角質を除去し、毛穴を詰まりにくくしたり、古くなった角質層を溶かすことで新しい皮膚の生成を促すため、肌のターンオーバーを整える効果もあります。 このように、ケミカルピーリングは、出来てしまったにきびのケア、にきび跡の治療、これから出来るニキビを防ぐという様々なにきびの悩みに対応できるだけでなく、にきび以外のお肌の悩み改善にも期待できるところがポイントです。 しかし治療中は、肌のバリア層が弱まり、一時的にダメージを受けやすい状態となっているため、紫外線や保湿対策など、しっかりと医師に確認をしておきましょう。 ③ニキビ跡をシミにしない美白の効果あり!イオン導入 肌には、トラブルから守るためのバリア機能がありますが、そのため効果のある薬剤までをもブロックしてしまうという特徴も併せ持っています。しかし微弱電流を流し薬剤をイオン化することで、肌の奥まで浸透させることが出来るのが、イオン導入という治療法です。 イオン導入に用いる有効成分には、ビタミンC、トラネキサム酸、プラセンタなどがあり、何れも美白効果により、進行したにきび跡の色素沈着を改善する作用があります。またケミカルピーリングとの併用で、薬剤の浸透率が高まるとされています。 ④にきび跡に効果的!ダーマローラー 極細の針がついたローラーを肌に転がしていくことで、肌に傷をつけていくダーマローラーは、肌の自己再生の力を利用したにきびの治療法です。 わざと炎症を起こさせた肌は、傷を治そうとする過程でコラーゲンやエラスチンを産生し、肌の再生を促します。また開けた穴を利用し、肌にビタミンCなどの有効成分を浸透させることも可能。にきび跡の改善以外のアンチエイジング効果としても期待できる治療法となっています。 注入ではなく、自分自身の肌の再生によることから、長期的な効果が持続するのもダーマローラーの魅力の一つですが、炎症や腫れが退くまでのダウンタイムに3日~4日かかるのが難点。お休みなどをうまく取り入れた計画的な利用をお薦めします。 自己管理もにきび予防に必要です 出来てしまった背中にきびを皮膚科で治療しながらも、新しいにきびを作らない努力も大切です。 原因を理解したら、食事や生活習慣に気を付け、ストレスをためないなどにきびの発生要因を改善しましょう。このことが何よりのにきび治療につながるはずです。 [...]
Read More »

Copyright © 2015-2017 不愉快な背中にきびに効果的な治療方法!, All Rights Reserved.